2005年10月23日

ストラスブルグの街

今日も早よから、写真の整理。メインWEB上にUP致しました。



ストラスブルグでの最終日は、午前中だけでしたが、旧市街をぶらぶら。世界遺産になるくらいなので、当たり前なのですが、美しい街でした。フランスではありますが、ドイツの景色を見ている印象があります。

05sbx009.JPG

でも、最後はやはり美術館へ。此処だけではないのですが、時間があまりないので我慢いたしました。その他は、次回までお預けです(いつになるかわかりませんが。笑)。



【今日の絵】

ストラスブルグ生まれのGUSTAVE DORE
05sbxma044.JPG05sbxma036.JPG
posted by slowhand at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月22日

SBXからNRT

東京に帰って参りました。パリから成田での飛行機の中で熟睡!食事前のブラディマリー1杯、シャンパン3杯で完全出来上がり、それから食事もしないで着陸2時間切る前まで寝ていました。食事前の選択を聞かれたのは覚えていたのですが?その直後からプッツン(笑)。ストラスブルグからパリまで1時間程度なのですが、パリで乗換え時のラウンジでワイン3杯がいけなかったのかも知れません。(本音、寝れて幸せ!)パリから、成田まで西風(ジェットストリーム)のおかげで(寒い季節になると強烈になるようです。)、なんと、一時間も予定より早く、午後1時過ぎには成田着でした。(また、幸せ!)でも、成田から、自宅まで2時間!成田は遠いです。

午後4時前には帰宅したのですが、夕食は例の近所のお寿司屋さんに行ってまた飲んでしまいました。(大丈夫かな?飲みすぎ?隣のよく喋るお客さんに辟易して早めに帰ってきましたが、笑)

さて、ヨーロッパ時間での今日の午前中、初めて昼間のストラスブルグの街を見学して来ました(笑)。良さそうな街です。あまり大都会のテンションがなく、住み易い街かも知れません。(でも、多分、私は、2−3日で飽きてしまうでしょう。笑)1時間位、旧市街の街をぶらぶらしましたが、気分は悪く無かったです。でも、やはり、心は、美術館へという事で、残りの時間をストラスブルグの近代美術館に行ってきました。街と美術館の写真は明日UPします!

ところで、本当はは2−3日前までは、密かに、帰りパリにもう一泊しようと画策していたのですが、なんとなく嫌な予感がして、予定を現地で変更せず、最初の予定通りの旅程で帰ってきました。実は、昨日、MAILで、私がお世話になった方が亡くなったとの連絡を貰い、変更しなくて良かったと思っている次第です。明日はお通夜で、明後日が葬式との事。この感というのは、なんなんでしょうか?不思議です。
posted by slowhand at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月21日

XXXバトン

今日も4時AM起床。結局、時差ボケは東京へ持って帰ります。荷物も整理してしまったし、乗る飛行機は午後だし、朝飯は食いたくないし、街に出るにはまだ早いし。という事で、暇つぶしのXXXバトンという奴です。貰っていたのですが、あまりにも恥ずかしく、中々、書けなかったのですが、暇な時には忘れずに、時間つぶしのXXXバトンという事で。(でも、これを最初に始めた人は誰なんでしょうか?)

という事で、2連発。最初は、デトロイトの過激なお姫様より頂いた『リラクゼーション・バトン』という奴から。

【リラクゼーション・バトン】

「あなたが一日で『ほっ』とするときはどんなとき」

毎日だと、家に帰宅した時ですかね。仕事・プライベートの旅行でも
ホテルの部屋にはいると、同じように、『ほっと』します。やはり、家に
帰宅して一人になれた時かと思います。

「疲れたなあ、と感じたときに効果があるもの・こと」

1.寝る
2.一人になる
3.小豆の餡子を食べる
大したものは無いですね。寝るのが一番という事でしょうか。

「あなたがストレス解消・リラックスするために、意識的にしていること」

水泳です。何しろ疲れさせて、頭が働かなり、そして、体が疲れているので深く熟睡します。これは、マゾ的にならないと(喜びを感じて体を痛めつける)駄目です。一般的によく言われる酒を飲むのは、意識的でなくても、飲んでいるような?(笑)でも、中途半端は逆にギラギラと眠れなくなる場合もありますのでご注意を。

第二段は、秘密にまみれたベルギーからの帰国子女から頂いた『シークレットバトン 青春編』、質問の中身は何故シークレットにするのか解らんような内容でした。どうして?(笑)ちなみに、質問2は最初からありませんでした。(誰が削ったんじゃ!)

【シークレットバトン 青春編】

質問1:小学生

質問3:社会・美術

質問4:地学

質問5:運動会・水泳部合宿・ボートレース

質問6:ジョン・レノン

質問7:Toshi

質問8:揚げパン 

質問9:悪友

質問10:これを見た人5人。(質問を知りたい方はご連絡ください。)

よし、これで30分は使ったぞ!(情けない。笑)
posted by slowhand at 15:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

ストラスブルグ、夜の散歩

夕食はちょっと歩いて『小型フランス』みたいな地域へ。此処が何でそんなような表現で言われるのか?意味不明。勉強致します。フランスというより、ドイツの田舎町という感じでしたが。何ででしょう?と。そうは言いながら、結構、印象は◎でした。住み易そうという感じでしょうか。

旧市街近くのホテルが多い辺りに宿泊なので、確かではないですが、何か危険な匂いがしません。普通、都市に来ると、何となく匂うのですが。それも、単に、あちらは危ないとか、此方は変だとか見たいな感覚なのですが。もちろんヨーロッパの地方都市らしく、賑やかな夜の繁華街的な場所は無いのですが、そこ彼処に観光地的な雰囲気がある街です。(場末の観光地的)

それにしても、何度も通り過ぎた街なのに、何にも知らないという事ではありました。

夜の印象だけでは語れないので、明日が楽しみです。
posted by slowhand at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

SBX4日目

今日で仕事は終わり、まあ、順調でした。今日は6時にはホテルに帰っています。MAILチェックも終わり、これから夜の街へ(笑)。多分、夕食だけですが、プライベートになれます。嬉しい!

【今日の写真】

WEBサイトをチェックしていたら、この造型。確か、昨年、NYのロックフェラーセンターの中庭上に展示されていた造型では?どうも、その後、テキサスのダラスにある美術館に買われたらしく、今年から、そこで展示されているようです。空に向って歩きたいですね。

DCNY2004185.JPG   1347.jpg
Walking to the Sky by Jonathan Borofsky


posted by slowhand at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月20日

SBX三日目

今日も朝からご苦労さん。7時まで、お仕事で、また、ヘビーな夕食。さすが、今日はイタリア風という事ではありました。そして、カテドラルの近くでした。帰りは、ホテルまで夜の散歩。12時PMホテル着。MAILチェックに、また、Blogに書いています。

今日は、面白い香港人(中国系)の話。飯を一緒に食べたのですが、昼間、彼は前菜のフォアグラに全く手をつけず、残していました。何故と聞いたら、生は駄目との事。フォアグラは何故頼んだんだよ?と聞いたら、火が通っていると思ったとの返事。火は通っているよと言っても、何故か食わない。ウエイトレスは皿を下げる時、嫌な顔をしていました。そして、夕食も他の人々と一緒で、彼もいましたが、カルパッチョと書いてあるのに見過ごしたらしく、頭にビーフと書いてあったので、そのまま注文。私が気が付き、注意してやろうと話し掛けたら、隣りにいた例のカナダ人が、私を遮るのです。そして、そのまま注文。出てきた皿を見て、彼の顔は!!!。これで話が尽きず、楽しい(笑)夕食でありました。その皿は?私が変えてあげましたよ。本当は、ビーフのカルパッチョなんか食いたくなかったのに!!!!せっかくの魚が、また肉に。

もう、肉は食いたくない!!!という事でした。
posted by slowhand at 07:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月19日

今日も4時AM

昨晩も寝たのが12時回っていたのですが、今日も、朝4時に起きてしまいました。こりゃ、東京に戻るまで持つかも。このままで、東京で時差ぼけしないで済むような感じであります。(最後の日で狂ってしまうと何にもならないですけど。笑)朝飯も食べたし、仕事に向うまでまだ時間があるので、ついPCを開いてしまいました。

今日はSBX4日目で、仕事は最後の日。明日は東京に向います。多分、明日は午前中は時間があるのでストラスブルグの市内でも歩いてみようかと密かに思っている次第です。

昨晩の散歩での写真です。幻想的?

sb200501.jpg
posted by slowhand at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月18日

SBX2日目

やはり、朝の4時前には起床してしまいました。何度も無理やり寝ようと試みましたが駄目。そして、今日は朝から、何やら怪しげな雲いき。迎えに来る予定の8時になっても車は来ず。電話をしてみたら、何やトラッフィック・ジャムとの事。結局、一時間も待たされた。この静かな街で、交通渋滞!何処でも同じでね。でも、後で聞いたら、本日の朝は、ストラスブルグ近郊で今年の初霜が降りたとの事。多分、寒くてエンジン掛からなかったのじゃ?(笑)と疑っています。

仕事は順調でしたが、その後が大変。時間が遅くなり、ホテルに戻らないで、仕事先から、そのまま、夕食にとなってしまったのですが、これが失敗。ヨーロッパの人間は運転好きなのか、飯を食べに行くのに、1時間以上も運転。食べてからホテルに帰るまで、また、一時間。(この経験、非常に多い。でも、つい忘れてしまいます。)まあ、たまになので、美味しいところへという気持ちは有り難いのですが、此方は時差ぼけで眠いのだ!その上、また、アルザンス料理!でも、好意を無にしたくなかったので、笑い顔で感謝『美味い!』と、役者でした。(笑)

ホテルにたどり着いたのが11時。でも、それかmailチェック。その上、ついでにblog(疲れているのに書くな!という感じですが。中毒か?笑)

ところで、今回、仕事関係で、一緒の人が、香港在住のカナダ人なのですが、この人、何と、フランス語も判る。(尊敬)今まで知らなかったのですが、モントリオールで育ったの事。羨ましいですね。フランス人同士で話しているのも知らん顔して聞いている。ちょっと汚いけど。此方は、ちょっと助かった。この手が最高ですね(笑)。でも、この人、香港に5年住んでいるのに、中国語は全く駄目(笑)。

今夜は寒いヨーロッパの片鱗の寒さでした。まだ、ましですが。(笑)
posted by slowhand at 06:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月17日

SBXへ無事到着

何も書くこと事が無いくらい、普通にストラスブルグに到着。此処になるべく着くのが遅くならないように、成田発を朝の10時30分発にしたのが大変でした。何と4時半起きとなってしまっ。そんな朝早く起きた割には、リムジンバスの出発の間際にリムジンが出る都内のホテルに着きました。(危うかった。あと5分遅れていたら)遅くなった理由?単にタクシーが捕まらなかったのですが、30分位雨の中を立っていました。どうも、朝6時前後というのはタクシーの交代時間帯らしいのと、月曜日の早朝で、一番タクシーが居ない時だったようです。(予約しとけばよかった。精神衛生上良くない。)夜7時30分にはストラスブルグのホテルにチェック・イン致しました。

飛行機はAFとJALの共同運航便ですが、AFの機材でありました。AFなんで、ワインが良いかなと思いましたが、まあ、普通でしたという感じです。よく寝たフライト。熟睡でありました。

夕食、ホテルの近所のレストランで(所謂、ヨーロッパのホテルで、こじんまり。ホテルのレストランは朝飯のみとの事。外に出たく無かったのですが。)。アルザンス料理と云うのに騙され(笑)、食べたのが、豚足料理、それも超ヘビー。その上、例の有名な白ワイン。甘い!!! 何じゃ此処は、フランスというより、ドイツでありました。(笑)

ところで、このホテルでのインターネット接続。部屋には、有線のLAN接続は無いのですが、WI-FI接続(所謂、無線LAN)は出来るとの事。値段を聞いて見たら、30分EU6、一時間EU10、24時間でEU25との事でプリペイド方式。高い!!と思ったですが、翌朝も使うだろうと思い24時間タイプと致しました。でも、つないで見たら、なんと、この24時間は使用時間累積。実は、使用開始から24時間と思っていました。それで、逆に、安いとご機嫌になっています。でも、1時間から突然24時間。こりゃ帰る前まで使い切れないだろう!(笑)
posted by slowhand at 07:07 | Comment(6) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)

2005年10月15日

ストラスブルグ

来週の月曜日から仕事でストラスブルグへ。仕事の資料を整理してたら、ストラスブルグという街に関して何も知らない事に気がつきました。過去、数回行っているのですが、仕事先が郊外である事もあり、街の事は何も知りません。(駅、空港とカテドラルの前、夜中行ったバーとレストラン位しか行った事がないもので。笑)

Strasbourg0154_thumb.jpg
過去行ったときの写真(夜のカテドラル)


これは拙いと思い調査。

ストラスブールは、アルザス地方の中心都市で、日本人滞在者も多い街です。ユーロ議会も置かれている、ヨーロッパの中心的な街。パリからSNCFの特急で4時間、飛行機で1時間の距離にあります。ライン川沿いにある、ドイツ国境の街であり、ドイツ領になった経験も持つ街ですので、町並みや食事もドイツ風。しかし、フランス1の食いしん坊の地方と言われるだけあり、食事の美味しさではフランス一かもしれません(3星レストランの数も多い)。フォアグラ発祥の地であり、ワインだけでなく、ビール会社も数多くあり、美味しいものに溢れています。また、町の中心部(イル川の中)が世界遺産に登録されてる、美しい街です。

という事らしいです。なるほどと納得。(笑)この紹介を見ていたら、前々回のストラスブルグ訪問時を思い出しました。

確か、冬の2月。シャルル・ドゴールから乗り換えでストラスブルグに向かう予定だったのですが、その時、ヨーロッパが大吹雪の真っ最中。パリ直行のはずが、パリに着陸不可で、アムステルダムのスキポールに着陸。なんとそこで、2時間あまり待機。ところが、ゲートが無くて(多数が既に避難していました。)飛行機の中。(出れれば、カジノで時間潰しと思っていたのに!)
やっと、飛び立って、パリに着けば着いたで、また、ゲート待ちで約2時間(飛行機の中)。おかげで、そして、もちろん、ストラスブルグ行きの予約してあった便には間に合わないし、その後の便も嵐で全て欠航。仕方なしに、シャルル・ドゴール近くのホテルに。でも、手配やなんかで、ホテルに着いたのが夜中の一時くらいになってしまいました。
そして、翌日は、仕事の都合もあり、朝一番の便を捕まえようとAM6時頃に空港へ、しかし、なんと『午前の便は、遅れます。』。そして、その後、『午前中は飛ぶかどうか判りません、』だと!。これじゃ、間に合わない!仕方がなしに、タクシーを飛ばして、パリ市内のノード駅へ。列車に飛び乗り、4時間。(大爆睡で危うく乗り過ごし。笑)やっと、ストラスブルグに着いたという思い出があります。
なんと、15時間程度で着く予定が、30時間以上かかってしまったという話です。(あまり良い思いでではありませんが。笑)ヨーロッパは冬には行かない方が良いという教訓でありました。

しかし、せっかくストラスブルグの事を調べたのに、考えて見たら、見て歩く時間があるの(3日も居るのに)?また、夜のバーとレストランだけかも?調べるのここで止めました(笑)。残念。

今回は、シャルル・ドゴール乗換えなのですが、ドイツ側から旨く行く方法は無いのかな?ちょっと調べて見ます。フランクフルトから乗り換えの方が近いのじゃ?次回トライしてみようかと。(オーバーナイトするなら、パリジャン嫌いだし。フランクフルトの方が良いかもと。)
posted by slowhand at 19:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | Trip (Strasbourg in Oct, 2005)
スパム・コメント/TB対策のため、コメントは確認後に表示できるようになっています。表示されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。また、トラックバックは受け付けていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。