2007年09月13日

納得!!

真偽はともかく、何故か、納得してしまいました(笑)。
原、戦力あるのに勝てぬワケ…野球解析家がズバリ検証
首位阪神、2位巨人、3位中日が1.5ゲーム差内にひしめく歴史的混戦のセ・リーグ。もっとも戦力的に見れば、巨人が独走していてしかるべきではないのか−との疑問は誰もが感じるところだ。米国の野球統計学に当てはめてみると、いかに阪神が岡田采配(さいはい)のおかげで勝ち、巨人がそうでないかを示す数字が浮かび上がってきた。12日のヤクルト戦(神宮)では先発の内海が危険球で一発退場する大誤算。後続投手も打ち込まれて完敗を喫し、原監督は試合後「もう少しリリーフ陣は、抑える執念がほしい」と淡々と振り返った。ここに興味深いデータがある。札幌市在住の野球解析家、道作氏が「阪神がこのまま優勝すれば、日本プロ野球史上初の快挙になります」と興奮気味に指摘した。

 阪神…得点463/失点471(得失点差−8)

 巨人…得点614/失点508(+106)

 中日…得点532/失点485(+47)

 道作氏によると、2リーグ制以降、1シーズンで得失点差マイナスのまま優勝した例は過去になく、岡田阪神は、史上初の珍記録を樹立する可能性があるというワケ。道作氏は10年ほど前から、選手の能力やチームの戦いぶりを徹底的に数値化する米国の野球統計を研究してきた。米国では「マネーボール」で知られる名GMのビリー・ビーン氏の率いるアスレチックス、松坂が所属するレッドソックスをはじめ、いまやメジャーリーグの大半の球団がこの理論をチーム強化に活用中。その中に、得失点をもとに“妥当な勝率”を導く「ヘンリー理論」と呼ばれる数式がある。計算式は【得点の2乗÷(得点の2乗+失点の2乗)】。これを今季の成績にあてはめると理論上、3強の勝率はこうなっているはずだ(12日現在)。

 阪神….491

 巨人….593

 中日….546

 ところが、実際はこうだ(カッコ内は理論値との比較)。

 阪神….554(+.063)=67勝54敗4分

 巨人….547(−.046)=70勝58敗1分

 中日….541(−.005)=66勝56敗2分

 中日はほぼ理論上の数値通りの勝率を挙げている。阪神は大幅プラス、巨人は決して少なくないマイナスを生じている。阪神は理論上59勝62敗で負け越しているはずが実に8勝も上積みして首位。巨人は76勝し、2位中日に6ゲーム差、3位阪神とは実に13.5ゲーム差をつけて独走しているはずが、6勝分とりこぼしている計算となる。道作氏は「野球は運に左右される要素が大きいので、巨人が理論上期待されるほど勝てないのは原監督のせい−とは一概に言えない。ただ、得失点差が小さいのに勝てるというのは、監督の采配によるところが大きい。岡田采配のファインプレーでしょう」と話す。ちなみに過去最も小さい得失点差(+10)で優勝したのは、王監督が率いた99年のダイエーだった。このままいけば、名将・王監督を上回ることになる岡田監督。一方、こうなったら「戦力は抜群なのに…」との外野の声を封じるためにも、なんとしても“理論値通り”優勝にこぎ着けたい原監督である。

 【道作】札幌市在住の野球解析家。自身のHP上のハンドルネーム。

posted by slowhand at 00:16 | Comment(0) | Giants (好きな野球)
この独り言へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スパム・コメント/TB対策のため、コメントは確認後に表示できるようになっています。表示されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。また、トラックバックは受け付けていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。