2007年07月15日

我慢の限界

巷は台風で大騒ぎ。被害者も出て大変です。この3連休に出かけようとした方々も多かったのでしょう。私の場合、実は、先週、金曜日の人間ドックのついでに大腸ポリープを切除(大した施術では無いのですが)。よって、どちらにしても、この3連休は自宅休養。

そんな訳で、プロ野球をTVで毎日観ておりました。しかし、怒り!!巨人はどうなってしまったのでしょう。昨年の嫌な思い出が過ぎります。

昨日も酷かったですが、今日も最悪。我慢の限界です。あれだけの選手がいながら、優勝が出来ない巨人。今年こそと思いながらも、原監督!!!選手の力だけでは野球は勝てません(当たり前か)。しかし、あの采配では、まだ、選手に好きにやってもらった方が、諦めがつきます。今日の、広島戦、昨日の試合でも、前の阪神戦でも、(過去、何度も!負け試合の半分は)ありましたが、全く理解に苦しむ采配。学習能力が全くありません。

今日の場合:

ワンアウト満塁で得点圏.411の二岡に代打小関(今期1軍初打席・2軍で.190)→三球三振

8回表簡単に2アウト取った尚成を交代→豊田

8回裏その豊田に代打送らずワンアウトを広島にプレゼント

そして9回豊田はランナー溜めるだけ溜めて降板→林

その林は絶不調の嶋に2点タイムリー打たれる

掛布「この野球は僕わかりません。これは“厳しい野球”とは僕は違うと思います。」
野村「不可解ですね。もしこの状況で自分に代打を出されたら・・・怒ります。」

しかし、代打まで出す二岡を、スタメンで5番にすえたのでしょうかね?本当に一貫してません。長島の勘はあたる事がありますが、原の勘は当たった事はありません。

そして、試合終了後の監督コメント(掲示板で拾ったので、本当かどうかわかりませんが。)

1.「点を取る確率が高い作戦をとった。二岡は5番打者なのに変えられるような選手ではだめ。二岡には交代されないだけの選手になって欲しい」

2.「小関のが調子がよかったと聞いていたから 。小関のが経験がある。」

3. 「確率を考えた。」

信じられます??????????自分が責任があるという事に全く気がついていません。落合だったら、選手が失敗しても、一言、「私の責任です。」で終わりでしょう。(大体、こんな采配はしないでしょうが。)

今日は怒りでした。

中日は強いです。今日も勝ちました。巨人は2位に転落(悲)。


posted by slowhand at 23:15 | Comment(0) | Giants (好きな野球)
この独り言へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スパム・コメント/TB対策のため、コメントは確認後に表示できるようになっています。表示されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。また、トラックバックは受け付けていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。