2007年11月04日

辞任

仕事の多忙化と個人的な諸事情で、暫く、書き込みを止めてました。また、BLOGに復帰しようと思っていたら、こんな騒ぎ。

小沢さん、また辞めてしまいました。相変わらずと思う方もいるかもしれませんが、逆に、この方らしいと思ってしまいます。辞任のコメントを読みましたが、やはり、この方に共感を感じてしまいます。旧社会党人材が多い、今の民主党に入党した時には、ちょっと、残念に思ったのですが、今回で復活(笑)。

しかし、過去の小沢さん、何でも相談なしに勝手に決めてしまうという事で、嫌われていた様ですが、今回は、持ち帰って相談したら批判続出(笑)。

今後、もしかしたら、民主党は割れてしまうかも?でも、その方が、自民党の一部の方々も参加し易いのでは?二大政党化に近づくかも(苦笑)。しかし、現状の民主党は、どうもリーダー(首相?)は作れない体質なのかも知れません。せっかくのチャンスが台無しです(苦笑)。

でも、Kさんが代表になったら嫌ですね。まあ、その場合は、総選挙では勝てそうにないですが。でも、万が一と言うのもあるし、不安。

民主党の小沢代表、辞職願提出「党内混乱の責任取る」
民主党の小沢代表は4日夕、党本部で緊急記者会見を行い、自民党との連立政権構想をめぐり、党内を混乱させた責任を取り、鳩山幹事長に辞職願を提出したことを明らかにした。小沢氏は記者会見で、「民主党代表としてけじめをつける。党首会談で要請のあった連立政権の樹立をめぐり、政治的混乱が生じたことを受け、代表を辞することを決意し、辞職願を提出し、執行部に進退をゆだねた」と述べた。さらに、党首会談で首相が「自衛隊の海外の活動は国連の活動に参加することに限る。連立ができるなら、新テロ特措法案成立にこだわらない」と約束したとしたうえで、「役員会で反対されたのは不信任を受けたのに等しいので、けじめをつける必要があると判断した」と語った。(読売新聞)


小沢氏辞任会見詳報(1)「けじめをつけるに当たり」

小沢氏辞任会見詳報(2)中傷報道に厳重に抗議する

小沢氏辞任会見詳報(3)離党すると…辞職願を…
posted by slowhand at 19:32 | Comment(0) | 独り言
スパム・コメント/TB対策のため、コメントは確認後に表示できるようになっています。表示されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。また、トラックバックは受け付けていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。