2007年09月30日

写真編集

旅の写真を編集しました。

シアトル

バンクーバー
posted by slowhand at 09:12 | Comment(1) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月29日

帰着

シアトルから無事に帰着。飛行機は20−3分程の遅れでしたが、問題なしでした。北米は欧州と比べると2−3時間しか飛行時間が違わないのですが、これが大きい。北米は楽です。
posted by slowhand at 23:12 | Comment(0) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月28日

帰ります。

今日、午後の便で東京に帰ります。ゆっくり出来たような?出来なかったような?(笑)。

姪を送り、空港まで道に迷わず到着。レンタカーも混んでおらず、出発まで時間をもてあまし。
posted by slowhand at 23:12 | Comment(2) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月27日

シアトル最終日

明日は午後の飛行機で成田に帰ります。実質最後の日。

シアトル近郊をドライブの予定。

何やら滝を見て来ました。この滝、ナイヤガラより高いとか。幅はありません。その帰りはベルビュー辺り。その後、ウエスト・シアトルの海岸。まあ、こじんまりした街。冬が寒くなければ、過ごし易い街々かも。でも、気候のせいか、気難しいそうな人が多いか?(偏見?笑)良い街ですが、私には住めなような気がします。

sea0928 fall.JPG sea bel.JPG
sea west.JPG seawest2.JPG


旅は一人のほうがゆっくり出来ますね。実感した今日この頃。人一人毎に趣味が違うので当たり前ですが、押し付けられると、駄目なようです。




MEMO:シアトル・グランドハイアット有線接続/US$9.95/24H
posted by slowhand at 23:07 | Comment(4) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月26日

再びシアトルへ

相変わらず早起きです(笑)。時差ボケからの立ち直りが、年々遅くなっています。今日、昼までバンクーバーと思っていたのですが、朝早めにシアトルに戻る事にしました。時差ぼけのせい?(笑)。

今日はシアトルへ。

噂には聞いていましたが、国境越えで、こんなに時間が掛かるとは。車の列に一時間以上もならんでいました。軽い昼飯時間をいれて、9時30分前に出たのに、到着が2時30分過ぎ。

20070927SECA.JPG    seaca.JPG


シアトルは何と!晴れです。太陽が燦燦。暑いくらいです。明日からは、また、寒くなるようです。

seamarket.JPG


マーケットや海岸通りをブラブラし、球場には6時過ぎに向かいましたが、まだ、ダブルへったーの第一試合後半。本来は、シングルだったのですが、消化試合で急遽ダブルとなったようです。一試合分のチケットで2試合はお得か(笑)。しかし、肝心の2人が出ていません。そして、マリナーズ大量失点の負け試合。やっと、第二試合でイチローが出てきましたが、城島はお休み。第二試合はイチローは5打数3安打。ここでの人気振りが伺えます。試合は延長10回のサヨナラでやっと3−2でマリナーズの勝ちでした。

ballpark.JPG seaichi.JPG


しかし、私にとっては、マリナーズより巨人が気になります。巨人、リーグ優勝の可能性が今日がある為、友人からのメールで10月2−3日の試合観戦お誘い、もちろん観戦をする事に手配してもらいました(笑)。マリナーズより巨人!!
posted by slowhand at 23:07 | Comment(0) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月25日

バンクーバー3日目

毎日そうですが、時差ぼけで4時起きが続いています。何故か朝に仕事をしてしまいます(苦笑)。どうも、休みでも、こうやって繋がっていないと不安なのかも。その上、電話もかけまくっているような。逆に、これは安心感を求めている様子です(笑)。

昨晩の夕食時から、小雨模様。本日も一日曇りの様子。小雨も降るかも。温度は現在11Cくらい。昼間も17C位の様子です。秋ですね。

明日、シアトルに戻りますが、車なので雨が心配。その上、マリナーズの試合。2日前シアトルで買っておいた、チケットが無駄に?(笑)

今日は何を?何も決まっていません(笑)。

午後に太陽が出てきました。よって、スタンレーパーク。暖かくなって来ました。

VAn009.JPG


でも、やっぱり秋!

van 005.jpg


午後遅くは街をプラプラ。これで観光ではありません(笑)。

van008.JPG


Memo:WIFI接続でシアトル・ワーウィクホテル/無料/24H
   WIFI/有線接続でFOUR SEASNS/CD$14.95/24H
posted by slowhand at 22:41 | Comment(2) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月24日

バンクーバー2日目

天気が良く、郊外へドライブ。何故だか熊と鹿に出会う(笑)。普通の観光の日でした。

kuma van.JPG shika van.JPG


そしてクイーンエリザベス公園はストライキ中(笑)。

Van2007Eli.JPG Van2007Eli st.JPG
posted by slowhand at 23:33 | Comment(2) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月23日

バンクーバー着

朝9時過ぎにシアトル出発。国道5号線を一路北へ。途中、アウトレットモールに2時間程度立ち寄り、朝飯、兼、防寒ジャケット(笑)を買い込みました。その後も、何事もなく国境に。

004.JPG Van006.JPG


イミグレーションでは、一旦、車をおり、パスポートにスタンプを押してもらった。

3時過ぎにはバンクーバーのホテル着。街をぶらつき、夕食は寿司屋。スパイダーロール(笑)。
posted by slowhand at 23:33 | Comment(2) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月22日

シアトル着

本日シアトルに着。昨日は夜遅くまで、仕事の件で追われていて、夜遅くから旅行準備で、寝不足気味が幸いし、飛行機の中でぐっすり。起きたら、もう既に着陸一時間前で、逆に、順調(笑)。北米は欧州と比べ楽ですね(笑)。

到着後、レンタカーも混んでおらず、全くストレートにホテル到着。まだ、チェックインで部屋が準備出来ていない時間でした。おかげで、時間つぶし。そんな訳で、何をしたかというと、シアトルにいる姪に請われて、米の買出し(笑)。自分では、重くてもてないだそうです(笑)。それだけじゃつまらないのでEMPを訪問。

EMP.jpg


ジミヘンのギターを拝んできました(笑)。此処の2階は、スタジオ的に作ってある個室があり、試しに、姪とジャムてやろうと(笑)。でも、餓鬼共が離してくれず、割り込みならず。残念。

夕食は、姪が予約しておいてくれた、此処のレストラン。何かの映画で?ヒロインが飯を食ったとの事(笑)。私は知らん。

dahlia.jpg


しかし、さすがシアトル。東京と比べると寒いくらい。成田で32度以上あったのですが、20度そこそこ。冬は嫌そう(笑)。


明日は、ゆっくりと街の周りを徘徊しながら、北上し、バンクーバーへ向かって行きます。
posted by slowhand at 23:33 | Comment(0) | Trip (Seattle in Sep., 2007)

2007年09月17日

首位再び。勝ちました。

少しチャンスを残すため、気合入れまくりで、ドームに向かいました。で、快勝!9−0です。三連勝!黄色チームが負けたので、首位に再び。有難うございます。野間口投手の快投です。久しぶりの先発で、相手が忘れていて打てなかったのか?(笑)。

飲みすぎ。気がついたら翌日ですね。もう。
posted by slowhand at 00:57 | Comment(3) | Giants (好きな野球)

2007年09月16日

René Magritte

René Magritte, The Enchanted Domain

albertina.jpg

2007年09月15日

遅い夏休み手配

思い立って、来週末から、遅い夏休み(秋休みか?笑)を一週間ほど取る事に決めました。今朝から、飛行機便、ホテル、レンタカーと、一応、手配確認で完了。結構、大胆な手配です。ホテルは、高そうなところしか残っていませんでした。仕事が入らない様に、後は、祈るのみ(笑)。

行き先は北米。シアトル・バンクバー間を車でウロウロする予定です。
雨季に入る前後ですが、天下の晴れ男の実力が問われます。もう、寒いかな?ちょっと不安。訪問中、マリナーズのホーム試合があうようで、多分、観て来るかも。(行き当たりばったりですので、不明。)

今夜の仕事は、シアトル・バンクバー地元のブルーズ・クラブの調査(笑)。
posted by slowhand at 15:47 | Comment(0) | 独り言

2007年09月13日

納得!!

真偽はともかく、何故か、納得してしまいました(笑)。
原、戦力あるのに勝てぬワケ…野球解析家がズバリ検証
首位阪神、2位巨人、3位中日が1.5ゲーム差内にひしめく歴史的混戦のセ・リーグ。もっとも戦力的に見れば、巨人が独走していてしかるべきではないのか−との疑問は誰もが感じるところだ。米国の野球統計学に当てはめてみると、いかに阪神が岡田采配(さいはい)のおかげで勝ち、巨人がそうでないかを示す数字が浮かび上がってきた。12日のヤクルト戦(神宮)では先発の内海が危険球で一発退場する大誤算。後続投手も打ち込まれて完敗を喫し、原監督は試合後「もう少しリリーフ陣は、抑える執念がほしい」と淡々と振り返った。ここに興味深いデータがある。札幌市在住の野球解析家、道作氏が「阪神がこのまま優勝すれば、日本プロ野球史上初の快挙になります」と興奮気味に指摘した。

 阪神…得点463/失点471(得失点差−8)

 巨人…得点614/失点508(+106)

 中日…得点532/失点485(+47)

 道作氏によると、2リーグ制以降、1シーズンで得失点差マイナスのまま優勝した例は過去になく、岡田阪神は、史上初の珍記録を樹立する可能性があるというワケ。道作氏は10年ほど前から、選手の能力やチームの戦いぶりを徹底的に数値化する米国の野球統計を研究してきた。米国では「マネーボール」で知られる名GMのビリー・ビーン氏の率いるアスレチックス、松坂が所属するレッドソックスをはじめ、いまやメジャーリーグの大半の球団がこの理論をチーム強化に活用中。その中に、得失点をもとに“妥当な勝率”を導く「ヘンリー理論」と呼ばれる数式がある。計算式は【得点の2乗÷(得点の2乗+失点の2乗)】。これを今季の成績にあてはめると理論上、3強の勝率はこうなっているはずだ(12日現在)。

 阪神….491

 巨人….593

 中日….546

 ところが、実際はこうだ(カッコ内は理論値との比較)。

 阪神….554(+.063)=67勝54敗4分

 巨人….547(−.046)=70勝58敗1分

 中日….541(−.005)=66勝56敗2分

 中日はほぼ理論上の数値通りの勝率を挙げている。阪神は大幅プラス、巨人は決して少なくないマイナスを生じている。阪神は理論上59勝62敗で負け越しているはずが実に8勝も上積みして首位。巨人は76勝し、2位中日に6ゲーム差、3位阪神とは実に13.5ゲーム差をつけて独走しているはずが、6勝分とりこぼしている計算となる。道作氏は「野球は運に左右される要素が大きいので、巨人が理論上期待されるほど勝てないのは原監督のせい−とは一概に言えない。ただ、得失点差が小さいのに勝てるというのは、監督の采配によるところが大きい。岡田采配のファインプレーでしょう」と話す。ちなみに過去最も小さい得失点差(+10)で優勝したのは、王監督が率いた99年のダイエーだった。このままいけば、名将・王監督を上回ることになる岡田監督。一方、こうなったら「戦力は抜群なのに…」との外野の声を封じるためにも、なんとしても“理論値通り”優勝にこぎ着けたい原監督である。

 【道作】札幌市在住の野球解析家。自身のHP上のハンドルネーム。

posted by slowhand at 00:16 | Comment(0) | Giants (好きな野球)

2007年09月09日

首位転落。負けました。

久しぶりにドームで野球観戦。黄色チームの勝ちで、首位転落。監督!何とかしてくれ!でも、優勝しちゃうと、今の監督を認めちゃう事になるし、ジレンマです。プレイヤーは揃い過ぎるほど揃っているのにね!なんでしょか?
posted by slowhand at 00:16 | Comment(6) | 独り言

2007年09月04日

死因

これ、私も短命?(笑)。ロックスターに成れなかったので長生きか?

で、死因のあれこれ。120名リスト
ママキャスがサンドイッチで喉を詰まらせて窒息死と言うのを未だに鮮明に覚えていますが(つい笑ってしまったくらい。ごめん)、その他の死因は、忘れてしまいました。
ロックスター、やはり短命=売れて5年間の死亡率、一般人の3倍−欧米調査
今年、没後30年を迎えた米ロック歌手エルビス・プレスリーら、北米と欧州で1956〜99年に有名になったロックやラップなどのミュージシャン100人の享年や死因を調べたところ、売れてから5年以内の死亡率が、同じ年齢、性別、人種の一般人の約3倍に上ることが分かった。英リバプール・ジョン・ムーアズ大の研究チームが4日、英医学誌の電子版に発表した。スターの平均死亡年齢は北米で42歳、欧州で35歳。売れてから3〜25年後では、死亡率が1.7倍だった。ロックスターは短命との印象があるが、数字で裏付ける調査は珍しい。死因のトップはがんで20%を占め、心臓など循環器疾患も14%だったが、酒や麻薬類の過剰摂取が19%、事故死が16%、酒や麻薬類の常習による慢性疾患が8%、暴力の犠牲が6%もあった。背景には、60〜70年代にロックのイメージがセックスやドラッグ、アルコールと結び付いていたり、一部のラップが暴力をあおる内容だったりするほか、常に強いストレスにさらされる環境がある。研究チームは、スターの行動はファンや将来のミュージシャンへの影響が大きく、悪循環に陥っていると指摘。音楽業界が改善に取り組むよう提言している。(時事通信)

posted by slowhand at 17:25 | Comment(1) | 独り言

2007年09月03日

世界遺産-西洋美術館?

へー!という感じ。鑑賞しにくい美術館だと、日頃から文句ばかり言っていたのに。でも、何かキナ臭い匂いもします。本当かな?あまり入りが悪いので、これ用の宣伝では?疑い深い私です。すいません。


国立西洋美術館本館、世界文化遺産候補に…仏政府持ちかけ
東京・上野公園にある国立西洋美術館本館が世界文化遺産の推薦候補に浮上している。同館はフランス人建築家ル・コルビュジエの設計で、世界各国のコルビュジエ作品をまとめて世界遺産に推薦することを検討しているフランス政府から、文化庁や同館に話が持ち込まれた。「それまでは『世界遺産に』という議論はまったくなかった」(同庁記念物課)建物だが、関係機関は“千載一遇のチャンス”と前向きな姿勢を見せている。国立西洋美術館は、1951年のサンフランシスコ講和条約で仏政府の所有とされた絵画などの返還を受け入れる施設として、59年3月に完成。国内唯一のコルビュジエ作品だ。文化庁によると、仏政府はフランス、スイス、ドイツ、ベルギー、アルゼンチン、インド、日本の7か国計23件の作品について、「ル・コルビュジエの都市建築作品」として世界遺産登録を目指しているといい、今年3月に在日フランス大使館から共同推薦を依頼する文化庁長官あての書簡が届いた。7か国連名で来年2月までに国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に推薦したい意向だという。 (読売新聞)
posted by slowhand at 23:30 | Comment(0) | 独り言
スパム・コメント/TB対策のため、コメントは確認後に表示できるようになっています。表示されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。また、トラックバックは受け付けていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。