2006年08月31日

酸素マスク

最近、酸素カプセルとか話題になっています。私も使ってみようかと思っているのですが、なかなか、そういう商売をしている店にぶつかりません。(わざわざ探してまでは?)イメージ的には効きそうな気がしますが、どうなんでしょうか?高校野球でも話題になってましたが。

バックステージで酸素吸入している姿を想像して笑ってしまいました。でも、63歳ですし、しょうがないとおもうのですが、何が疑惑なのでしょうか?イメージ低下?(笑)
ミック・ジャガー、酸素マスク使用疑惑を否定
パフォーマンスを続けるために酸素マスクの助けを借りていると噂されたローリング・ストーンズのミック・ジャガーだが、バンドのスポークスマンはこの報道を正式に否定した。<Bigger Bang>世界ツアーでエネルギッシュな動きを見せるジャガーは、63歳。しかしながら、十分健康管理に気をつけている彼には水以外のものは必要ないという。 バンドのスポークスマンは以下のような声明を発表した。「ミックが酸素マスクを使用しているなど、断じてありえません。そんなものは用意されていません。彼は、驚異的なほどハイレベルな健康管理を心がけており、ライヴ・パフォーマンス中に必要なのは大量の水だけです」。水曜日(8月29日)にUKツアーを終了したストーンズは、この後、ノルウェー、デンマークで公演を行ない、再び北米ツアーをスタートする。


posted by slowhand at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music (好きな音楽)

2006年08月30日

仙台

今日は朝から仙台へ。最近の仕事関係の地方廻は日帰りばかりです。仙台で、最後に、宿泊したのは何時だったか?仙台駅での帰りがけ夕食の牛タンくらいしか知りません。(苦笑)
posted by slowhand at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月29日

未来予測

4割実現と言うより、6割も外れたと言う方が良いような気がします。(笑)それにしても、地下鉄がなくなるとか、現在では倫理的な問題が議論されている内容とか、コンピュータに対する幻想だったり、今、考えると馬鹿馬鹿しいものを真剣に議論していたのでしょうか?(笑)そういえば、子供の頃、原子力飛行機みたいな事も言われていたような?今、考えると非常に恐ろしい話です。原爆が空を飛んでいるような事?
jo.jpg
1960年予想「未来の技術」、4割実現
1960年に科学技術庁(当時)が予想した21世紀初頭の技術135項目のうち、携帯電話や高周波調理器(電子レンジ)、人工授精・精子の永久保存など4割にあたる54項目が実現したことが、文部科学省系のシンクタンク(調査研究機関)、未来工学研究所などのまとめでわかり、28日、公表した。技術予想は当時の中曽根康弘・科技庁長官の提案で原子力、医学、宇宙など各分野の第一人者を集めて実施。「21世紀への階段」のタイトルで出版した。実現しなかったのは、月への拠点となる「地球空港」の洋上設置や、主婦がテープレコーダーに吹き込むとその家事をこなす電子お手伝いさんなど。特に振るわなかったのが原子力関係で、7項目のうち実現はゼロ。増殖炉など4項目の「一部実現」にとどまった。一方、5か月程度で子どもを産み、後は人工子宮に任せるといったアイデアなど、現在の倫理観では受け入れにくい技術も当時は考えられていたが、すべて実現しなかった。モノレールが都市の輸送手段の主流となり地下鉄は消滅との予測も大はずれだった。会見した大沢弘之・元科学技術事務次官(81)は、「高度成長期には国民生活の豊かさを支える科学技術に夢があり、とっぴな考えもあった。原子力時代も始まったばかりで希望に満ちていたが、反対運動などもあり、思ったほど伸びなかった」と分析している。(読売新聞)
posted by slowhand at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月28日

馬鹿な人間達3題

どちらも、いい加減な情報が出そうな土地柄ですから、信用して良い物か迷います。しかし、本当だとしたら、やはり人間というのは、自ら問題を起こします。多分、世の中の悲劇は、全て、こんな調子なのでしょう。よく、ヒューマン・エラーという言葉を使いますが、もしかしたら世の中の問題は80%以上、自ら人間が生み出しているのでしょう。製品や機械の精度や信頼性を誇る人々が馬鹿に見えます。そんなもの何も役に立たない事が解ってきます。愚かだ!(苦笑)
戦闘発端の拉致、ヒズボラ指導者が誤算認めるパレスチナ問題
レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラの指導者ナスララ師は27日、地元テレビとのインタビューで、イスラエル軍との戦闘の発端となった同軍兵士拉致について、「これほどの規模の戦争になるとは1%も思わなかった。知っていれば、拉致を指示しなかっただろう」と述べ、イスラエルの攻撃が予想を大幅に上回る規模だったことを認めた。同師は停戦直後の今月14日、自派テレビ「アル・マナール」を通じ、「勝利宣言」していたが、戦闘でレバノン側に1000人以上の死者が出たほか、同国南部を中心に甚大な被害をもたらしたことから、国民感情に配慮したものと見られる。
ナスララ師はまた、拉致したイスラエル兵2人の解放に向け「最近、接触が始まった」と述べ、イタリアと国連が仲介を表明したことを明らかにした。レバノン側は、ヒズボラではなく、ベリ国民議会議長が交渉を担当するという。 レバノン南部に増派される国連レバノン暫定軍(UNIFIL)について、同師は「ヒズボラを武装解除しようとしなければ、抵抗はしない」と述べた。
(読売新聞)
露機墜落「死に至るケチ」と露紙…燃料倹約で奨励金
ロシア・プルコボ航空のTu154旅客機が22日、ウクライナ東部に墜落、乗員・乗客全員が死亡した事故をめぐり、航空会社がパイロットに徹底した燃料倹約を強いたことが事故の誘因になった――との新説が露メディアで浮上し、物議を醸している。28日までに死者総数が170人と確認された同事故について、大衆紙モスコフスキー・コムソモレツ(26日付)は、「死に至るケチ」の大見出しで、この新説を紹介した。事故機が所属する航空会社の内情に通じている、というパイロットは同紙に対し、同社が自社パイロットに毎月300ドル(約3万4500円)の燃料倹約奨励金を払うほか、地元空港以外での給油は値段が高いので制限するなど、厳しい倹約策を敷いている、と証言。雷雲を発見した事故機が、雷雲を迂回すれば燃料を多く使うことを嫌い、上方へ飛び越えた時に乱気流に巻き込まれ墜落したのではないか、と説明した。別の大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダ(25日付)も、パイロットによる同様の推論を紹介した。問題の会社のパイロットは、燃料消費の少ない11000メートルの高空を飛ぶため、「宇宙飛行士」とあだ名されているという。Tu154の墜落原因については、先に落雷説も浮上していた。(読売新聞)
墜落機に2邦人搭乗=誤った滑走路から離陸か−米ケンタッキー州
【ニューヨーク27日時事】米ケンタッキー州レキシントンで27日、デルタ航空の子会社コムエアー社の旅客機(乗客乗員50人)が墜落した事故で、搭乗者名簿に日本人の乗客2人が含まれていることが分かった。ニューオーリンズの日本総領事館が関係当局から入手した情報では、搭乗していたのは男性のコウノ・テツヤさんと女性のコウノ・ナホコさん。総領事館員2人が詳しい身元の確認のため、現場へ向かった。事故機はジョージア州アトランタ行きのCRJ100コミューター機で、同日午前6時(日本時間同日午後7時)すぎ、レキシントンのブルーグラス空港を離陸したが、その直後に墜落。49人が死亡し、生存者は副操縦士1人とみられている。専門家らは、同機が2本の滑走路のうち、長さ2100メートルの旅客機用滑走路でなく、1000メートルしかない小型機用滑走路から誤って離陸したため、必要なスピードと高度を確保できずに失速したとみている。事故を調査している米運輸安全委員会(NTSB)の当局者は記者会見で、事故機が長い方の滑走路で離陸するよう管制塔から指示を受けていたにもかかわらず、短い方の滑走路から離陸したもようだと述べた。[時事通信社]

【気になる事】
9月27日に発売予定。ピンク・フロイドの「PULSE」DVDにて再リリース予定。

bun064-1.jpg


posted by slowhand at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月27日

歴史の創り方(?)

確かに、当時の悲劇は戦争の結果であり、その戦争を肯定するものでは無いですが、歪曲された歴史を刷り込まれる怖さを感じてしまいました。ある面、我々が教育され、信じている歴史とは、こんな問題の積み重ねのような気がしてきました。人間の悲劇に対する認識や人間の性と事実とはかなりかけ離れたもののが多いようです。歴史の真実というのは本当にあるのでしょうか?歴史とは勝者が創るという意見もありますし、あるグループに都合の良いものとか、人間の感情が歴史となるようです。やはり、人間は、歴史に学ばないし、都合の良い生き物でした。残念。
渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言
第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。300人以上が亡くなった渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと記されたことで知られるようになった。作家の大江健三郎さんの「沖縄ノート」(岩波書店)では、赤松元大尉が「『命令された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。その後、作家の曽野綾子さんが詳細な調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」(文芸春秋)で軍命令説への疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(産経新聞)
■渡嘉敷島の集団自決 沖縄戦開始直後の昭和20年3月28日、渡嘉敷島に上陸した米軍から逃げた多数の住民が、島北部の山中の谷間で手榴(しゅりゅう)弾のほか、鎌(かま)、鍬(くわ)などを使い自決した。武器や刃物を持っていない者は、縄で首を絞め、肉親を殺害した後に自分も命を絶つ者が出るなど悲惨を極めた。渡嘉敷村によると、現在までに判明している集団自決の死者は315人。
■戦傷病者戦没者遺族等援護法 日中戦争や第二次大戦で戦死、負傷した軍人や軍属、遺族らを援護するため昭和27年4月に施行。法の目的に「国家補償の精神に基づく」と明記され、障害年金や遺族年金、弔慰金などを国が支給する。サイパン島などの南方諸島や沖縄で日本軍の命を受けて行動し、戦闘により死傷した日本人についても戦闘参加者として援護対象とされている。
posted by slowhand at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

デカイ!

昨日は、内輪の夕食会があり、目白の4季節ホテルに出向いてきましたが、日が良かったのか結婚式ばかり、数得切れないくらいの組の花婿、花嫁を見てしまいました(笑)。しかし、皆さん派手な事。その上、たまたま前を通ったブライダルサロンは全ての打ち合わせテーブルが埋まっていたような大盛況の模様でした。このホテル、結構、高級で相当な費用がかかると思うのですが、お金持ちが多いのですね。親掛かりかも?(笑)

あちら此方で新婚さんが写真撮影をしている所で、異彩の一団が物珍しそうに眺めていました。皆さん2メートルはありそうな巨人です。怪しそうだなと思ってホテルの人に聞いてみたところ、やはりバスケットボール世界選手権に出場する米国選手でした。バスケットボールファンの甥は、興奮して騒いでいました(笑)。しかしながら、どうも、米国選手団のみの様子です。さすが、NBAの国、金持ち選手が多いせいか、ホテルはこの高級ホテル。(笑)しかし、でかい!
posted by slowhand at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月26日

人治国家

色々ある国で、あまり吃驚しなくなって来ていますが、オリンピック後はどのようになるのか?心配です。 
強制中絶告発…全盲の人権活動家に有罪判決 中国
中国山東省の村で「当局が強制中絶など不当な人口抑制を行っている」と告発した全盲の人権活動家、陳光誠氏(34)に、同省の中級人民法院(地裁)は24日、交通秩序撹乱(かくらん)などの罪で懲役4年3月の判決を言い渡した。国営新華社電が伝えた。支援者の人権派弁護士も拘束されており、人権運動への締め付けが強化されるのではとの疑念が広がっている。事件は人口抑制を強制的に進める地方の実態、当局の横暴など中国社会を映すとともに、国際社会の注目も集めている。
≪告発≫
陳氏は同省臨沂市東師古村の村民で、生後5カ月のとき高熱で視力障害となり6歳で全盲となった。苦学を重ね、医薬関係の大学を卒業。独学で法律も学び、村民の医療問題や権利を擁護する活動を続け、「市の10大人物」にも選ばれるなど村の「英雄」的存在だ。昨年夏、陳氏は「市当局が強制中絶、不妊手術などを大量の女性に強制した」として、北京の弁護士らに告発した。北京郵電大の法理学講師、許志永氏らが調査した結果を公開したことで「闘いが始まった」(許氏)という。許氏らは「当局の行為に反対した4人の村民が撲殺された」と打ち明ける。
≪報復≫
その後、陳氏の自宅周辺では十数人から数十人の男が監視するなど、陳氏は軟禁状態に置かれるようになった。陳氏のめいは「陳という男は反革命だ。お前の大学入試ができなくなるぞ」と脅かされた。「男たちは政府の役人と雇われたゴロツキだった」(許氏)。外出しようとする陳氏や訪問した許氏らも暴行を受けたという。今年2月5日、陳氏を支持する村民が男たちから暴行を受けて連行されたことなどがきっかけになり、数百人の村民が警察車両数台を壊すなど当局と激しくぶつかった。3月11日、別の暴行事件で、陳氏や村民が地元政府に抗議に向かおうとして騒ぎとなり、幹線道が「当局の規制のため」(許氏)に数時間にわたって渋滞した。当局は同日、陳氏の身柄を拘束した。許氏によると、容疑は「財物損壊」「交通秩序撹乱」で、陳氏は6月に正式逮捕された。
≪国際社会の目≫
初公判は8月18日に開かれたが、3日前、陳氏を支援していた人権派弁護士、高智晟氏(42)が「犯罪活動に関与した疑い」(新華社電)で山東省で拘束された。支持者らは「陳氏への支援活動を妨害する狙いだろう」と指摘する。高氏は、気功集団の法輪功弾圧、土地強制収用に抗議する宗教関係者や農民の支援活動などで「人権擁護活動の代表的人物」として海外でも著名だ。陳氏は、米誌「タイム」の「世界を作る100人」に選ばれた。ケーシー米国務省副報道官は、陳、高両氏の事件を把握していることを示唆した。そのうえで中国当局が容疑を明らかにすることや釈放を求め、「中国が法治国家であるかどうか疑いを招いている」として、北京の米大使館を通じて強く抗議したことを明らかにした。欧州連合(EU)も高氏の拘束に注目している。陳氏が信頼する弁護人の許氏はこう強調した。「『法治』とはほど遠い地域が多い。司法の独立が確立されていない」。(産経新聞)
米紙北京支局の助手に実刑判決、機密漏えいは無罪
米紙ニューヨーク・タイムズ北京支局の中国人スタッフ趙岩氏(44)が国家機密漏えい罪と詐欺罪に問われた事件で、北京市第2中級人民法院(地裁に相当)は25日、詐欺罪で懲役3年の実刑判決を言い渡した。 国家機密漏えい罪の訴えは、証拠不十分だとして退けた。趙氏の弁護士が明らかにした。趙氏は、全面無罪を訴え、控訴する方針。趙氏の起訴に対しては、米政府などが強い懸念を表明してきた。国家機密漏えい罪を退けた背景には、外交的配慮があった模様だ。趙氏は2004年9月、同紙が江沢民・中央軍事委員会主席(当時)の辞任をスクープした直後に拘束され、昨年12月、国家機密漏えい罪などで起訴された。中国当局は、スクープが趙氏の得た情報に基づくものと主張。今年4月の胡錦濤・中国国家主席訪米に先立ち、3月にいったん起訴を取り下げたが、5月に再び同罪などで起訴した。(読売新聞)
中国人権弁護士高智晟が拘束され、米国務省、中共当局に抗議表明
【大紀元】中国大陸の人権擁護活動家で人権弁護士の高智晟氏は8月15日、山東省で当局に拘束された事件が、中国内外で大きな波紋となっている。米国務院は18日、同氏の拘束について、既に北京のアメリカ大使館を通して、中共当局に「強い抗議を出した」と表明した。米国務院スポークスマン・ケーシー氏は18日、定例記者会見で、高弁護士の拘束について述べた。ケーシー氏は同時に、18日に裁判予定の盲人人権活動家陳光誠氏及び彼の二人の弁護士の拘束についても言及、中共当局のこれらの人権活動家、弁護士らに対する拘束は、当局が保証した法治に疑問を持たせたとコメントした。ケーシー氏は、高弁護士および陳光誠の拘束について、既に北京のアメリカ大使館を通して中共当局に強い抗議を出したといい、また、彼らに対する拘束や提訴を撤回、釈放するよう呼びかけた。米議会上下院は今年4月、全数投票で中国の人権擁護活動の代表人物高智晟氏を支持する決議案を可決した。米国務院のほか、オーストラリア訪問中のEU議会副議長のエドワード・マクミランースコット氏も18日に声明を発表、高氏の逮捕に高度な注目を寄せた。スコット氏は今年5月、法輪功が受けた迫害真相を調査するために訪中した際、高氏と面会する予定だったが、同氏にもたらされるリスクを配慮してスコット氏が面会を諦めたという。スコット氏は、今回オーストラリアの訪問中、豪政府与党と野党が、法輪功を対象した臓器狩りについて調査を展開するという共通認識を得たため、中共当局は国際社会の注目を恐れ、臓器狩り調査団の中国大陸での中心メンバーである高弁護士を拘束したのではとコメントした。北京在住の高智晟弁護士は15日、山東省の姉が住む東営市で警察に連行された。姉の家の電話線がその後切断されたため、同情報は16日になって初めて外部に伝えられた。同氏の北京にいる二人の親戚も連行され、高氏の妻も連絡が取れない。中国官製メディア新華社は18日、北京市公安機関が「違法と犯罪活動に参加の容疑」で高智晟を拘留と捜査を行っていると報道した。高智晟氏は中国大陸では知名度の高い権擁護活動者でもある人権弁護士。貧富の格差と官民衝突が激しい中国大陸では、司法は当局の行政管理手段となっており、民衆の権利が守られていない現状で、高弁護士は絶えず当局の圧力に屈せずに社会的弱者のために無料で仕事を引き受け、人権救済などの活動をしている。特に、当局が気功団体の法輪功に対し厳しい弾圧を行っているが、同氏は迫害されている法輪功メンバーのために弁護し、彼らの人権問題について中共の最高リーダー層に多数の公開書簡を送り、当局の法輪功迫害政策を厳しく非難した。今年3月に法輪功学習者を対象とした臓器狩りの告発がメディアで報道されたことで、高氏はこれまで自身が行った迫害調査の経験から臓器狩りが真実であると証言し、同件に関する調査団への参加を即座に表明した。同氏は現在、大陸の民衆に中国の良心的な存在と正義の灯台と見なされている。中共内部の激しい党閥闘争で、党と軍部の上層部には彼を支持する人も少なくないという。分析によると、高氏の逮捕は、直接には18日の山東省の盲人人権活動家・陳光誠氏の裁判について、高氏の自由を制限するための行動であるが、人権擁護活動家に対する全国規模の取り締まりを開始する可能性もあるという。また、高氏の拘束と最近「江沢民文選」の出版は、法輪功迫害政策を決定した前国家主席・江沢民の影響力が再び党内で強まり、これまで高弁護士を支持してきた上層部の力が弱くなっているという中共上層部の内部闘争の表れであり、中共上層部の法輪功に対する迫害政策が新たな段階に入ったとの見方もある。一方、大紀元コラムニスト章天亮(チャン・テンリャン)は、中共当局が高弁護士を拘束した経緯は、今月始めに中国東方航空公司の機長が米国での避難申請したことで、中国大陸で起きている共産党脱党ブームが国際社会に暴露されることを恐れている見解を示した。中国大陸での共産党脱党運動のもっとも影響力のある促進者である高氏の影響力を懸念し、今回の拘束に至ったのだという。現在、「中国の良心を返せ」をスローガンとする高氏の救援活動は、すでに中国内外で展開されており、中国国内のみならず世界規模の大きな人権問題に発展する傾向がある。未来民主中国の青写真を構築する組織「未来中国論壇」は18日、共産党関連組織から脱退する行動で中共当局に圧力をかけ、高弁護士を救出するようと中国大陸の民衆に呼びかけた。
北京大学新聞学院元助教授・焦国標氏、公安に連行される
【大紀元】北京在住の焦国標氏(北京大学新聞学院元助教授、「中宣部を討伐せよ」の著者)が20日、当局に拘束された。先に拘束された人権弁護士・高智晟氏の北京の自宅を尋ねた際、警察官に連行された。報道時点では、焦氏はまだ釈放されていない。焦国標氏は20日ごろ、友人である高弁護士が逮捕された後、家族の行方を調べるため、高氏の自宅を訪ねたところ、そこにいた警察官に近くの警察署に連行された。焦氏に同行した北京政法大学の教師・藤彪弁護士も一緒に連行された。現在、二人の所在は不明、連絡が取れない状況。高弁護士の救援を始めた北京の人権活動家・趙氏も昨日警察に連行され、その日の夜、故郷の雲南省に連れて行かれたという。中国民主教育基金会の20日の発表によると、高智晟氏と焦国標氏はともに、9月23日に同会から、今年度の「傑出した民主活動家賞」を授与されることになっているという。
瀋陽の反日騒ぎ、タクシー運転手殴打は日本人でなく中国人
中国東北部の瀋陽にある日本総領事館前で今月21日から22日未明にかけ、「日本人がタクシー運転手に暴行を加えた」とのうわさが広がり、200〜300人が抗議行動を展開したが、国営新華社通信は23日、日本人の男性客がチューインガムをタクシーのシートにつけたため運転手と口論になったものの、運転手を殴打したのは日本人の友人の中国人だったと伝えた。総領事館もホームページで「日本人と同乗していた複数の中国人客がタクシー運転手に暴行を加えたことが、日本人による暴行としてタクシー運転手の間に広まった」と説明している。(読売新聞)
中国、行儀の悪い観光客は旅行代理店の責任
中国政府は、マナーの悪い中国人観光客について、旅行代理店と観光ガイドに責任を取らせる方針を明らかにした。中国人観光客は行儀が悪く、不潔、また公共の場で悪態をつくなどとして、国内外から苦情が急増しているため。25日付の新京報が報じた。近年、中国では経済の急成長とともに、お金に余裕のできた多くの人が海外旅行を楽しむようになった。そのほとんどが海外旅行初体験組で、人気の渡航先はタイやマレーシア、韓国となっている。 中国人観光客の行儀の悪さは、東南アジアや中国の新聞でしばしば報道されており、それらは、飛行機の遅延に抗議して機内から降りることを拒否したり、公園でのポイ捨てやホテルの部屋でつばを吐くなど、さまざま。新京報によると、「中国政府観光局は、旅行代理店に、観光客に対する教育・指導責任を負うよう要請している」という。また、この責任を履行しなかったり、悪評を受け続けた旅行代理店などには、罰金などの懲罰のほか、改善命令が下されるもよう。これまでに100以上の旅行代理店が、中国人観光客の無作法な行為に「宣戦布告」することに同意し署名をしているという。
posted by slowhand at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月25日

大阪

西日本ツアーは今日が最後。大阪の気候は独特な感じです。東京も最近高層ビルが出来過ぎで風が抜けませんが、大阪は、前々から、風がありません。この湿気は東京以上かもしれません。朝、沖縄から関空に到着し、南海電車で難波へ、午後前には事務所に到着する事ができましたが、この南海電車の空港特急はなかなか快適です。午後いっぱい仕事で、伊丹より最終便にて羽田に21時30分過ぎに到着しました。しかし、これで終わらず、友人のコールに答えて、中野で飲んでしまいました。疲れてるはずなんですが?(笑)
posted by slowhand at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月24日

那覇

日差しが強い日です。空から見た海は何処にも負けないような気がします。昼食はソウキソバ。さすがに沖縄で魚は無しで、夕食は、肉!何か、ワンパターンです。今日はさすがに疲れてホテルに早めに引き上げて着ました。

明日は大阪。多分、大阪宿泊は取りやめで、明日中に東京に帰るでしょう。
posted by slowhand at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月23日

福岡

今回の西日本訪問のパターンは午前中移動で、午後は仕事。夜は宴会(笑)。今日も、ホテルチェックインの前に、飲み屋さんへ、昨日も魚三昧でしたが、今日も福岡の魚です。しかし、思わず仕事仲間が集まり大人数の10人。おかげで、財布の中は空となってしまいました。(俺が客だ!と思わず叫ぶ。笑。)

明日は沖縄
posted by slowhand at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月22日

高知

今日は早くから高知を訪問。午後の仕事が終わり、大橋通りの近くのとあるお店にで夕飯でした。結構有名な店なのですが、頑固そうな親父と古びたたたずまいの店です。しかし、出される料理は天下一品。高知に来るたびに、この店に来るのが楽しみです。週刊誌に書かれてしまったようで、それで無くとも混んでいた店が、更に混んでいるようで、予約も取れない事が多いようです。(残念。笑。)自分が入れなくなるのが嫌ですので、店の名前は書きません。(笑)今日は、常連さんの人が一緒で、お任せでイサキ、カツオ、鮑と、最高でした。

明日は福岡。
posted by slowhand at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月21日

対北(米)戦略?

このようなニュースが続けざまに漏れて来るのは、どうも怪しい?親北と言われ続けてきた南の隣国政府と大統領は、そのラベルを取り除こうとしているのでは?と疑ってしまいます。ミサイル発射の時と、あまり異なる対応です。急に?不思議です。対米関係もしっくり行っていないし、訪米まじかである状況なので(訪米を成功のイメージにして支持率UP狙いか?)、国民・米国・他国からの評価を誤魔化すためか?有名なアマチュア大統領ですので、このくらいの解り安過ぎる手を打つかもしれません。(笑)それとも、私が疑い深いのか?
北朝鮮核実験、韓国が24時間態勢で監視
【ソウル】韓国の聯合ニュースは20日、韓国政府と韓国軍が北朝鮮の核実験に備えて、中部・大田市にある韓国地質資源研究院に専門知識を持つ兵士を派遣するなど、24時間の監視態勢を取っていると報じた。聯合電によると、軍は14日、同研究院に資源工学や地質学を専攻した兵士6人を派遣した。同研究院は全国30の地震観測所を統括し、朝鮮半島の人工的爆発を観測。核実験全面禁止条約に基づき、国連の関連機関に通報している。ただ、同電は別の政府関係者の話として、今回の措置は、北朝鮮での核実験の準備の動きと関連づけた最近の報道とは関係ないとの見方も伝えた。(読売新聞)

<韓国>潜入の北朝鮮工作員を逮捕 摘発は初
韓国の聯合ニュースは21日、韓国情報機関が偽装旅券を持って韓国に潜入した北朝鮮工作員(48)を国家保安法違反の疑いで逮捕し、先週末にソウル地検に送ったと報じた。盧武鉉政権下では今年4月、北朝鮮から報酬を受けて情報を流した韓国在住の華僑が逮捕されたが、韓国に潜伏した北朝鮮工作員が摘発されたのは初。(毎日新聞)
posted by slowhand at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言

2006年08月20日

ICパスポート

新しいICパスポートを受領。外形のサイズや見た目はそんなに変更は無いのですが、真ん中辺りに厚手の紙が合冊されており、ゴワゴワした感じで、少し厚くなっています。多分、折り曲げると問題になってしまうような感じです。(ICチップが壊れる?)

初めてのパスポートから、もう何冊目になるのか忘れましたが、確か、昔は5年が最長だったような?新しいパスポートになる度に、前のパスポートがもったいないような気分になるのは、私だけでしょうか?昔の入出記録やビサを見て、ちょんと思い出に浸ってしまいます。そんな感情のせいか、確か、最初のパスポート切れの時、新しいパスポートに合冊してもらった覚えがあります。(必要も無いのに。笑)現在は、この合冊は不可になったようです。暫く、分厚いパスポートを持っていたような記憶があります。

昨年に発行の、悪名高きダンボール国際自動車免許も更新しなくてはならないのですが、何故、一年間しか有効ではないのでしょう?もう少し長くても良いような?ちょっと無駄なような気がします。
posted by slowhand at 17:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月19日

中華の治安管理

民主国家であれば、こんな通知を出そうものなら政府転覆だって有り得るのですが、省政府レベルで、こんな重大な事を施行してしまうのですから大したものです。確かに、日本にも法律があり、宿泊者台帳を書かなくてはならないし、嘘を書くと罰せられます。でも、これ、伝染病等の発生等でのフォローがしっかりと出きる様にするためで、公共の問題が発生した場合の想定で、公安目的ではありません。治安管理の徹底というのが恐ろしい。香港ももう行けなくなりそうです。(笑)民主法治国家的になるには、まだ時間がかかるようです。
公安に客の情報通知、全ホテルに義務付け…中国広東省
中国広東省のすべてのホテルで9月1日、外国人も含む全宿泊客の身元に関する情報を公安当局に通知することが義務づけられる。省政府は犯罪者がホテルに隠れるのを防ぐのが目的と説明しているが、ホテル業界からは、当局に個人情報を把握されることを嫌い、宿泊客が減少する恐れがあるとの懸念が出ている。香港各紙によると、この措置は、このほど制定された「広東省旅館業治安管理規定」に基づくもの。すでにいくつかのホテルでは導入されていたが、治安管理徹底のため対象を全ホテルに広げることになった。規定では、ホテル側は、チェックイン後3時間以内に客の個人情報を公安当局に通知しなければならない。通知に必要なコンピューター端末を公安当局が無料で提供する。端末設置を拒んだ場合は旅行業許可証を発行しないほか、期日までに設置しない施設は5000〜1万元(1元は約14円)の罰金が科せられる。今回の措置に対し、一般市民の間でも、公安当局による情報の目的外使用や情報流出を心配する声が出ているという。(読売新聞)
posted by slowhand at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月18日

訴訟国家

少し変わったのでしょうか?でも、こんな事で3千万の賠償?保険会社が危機を煽って大儲けするばかりです。そして、そのお金が投機的な社会を生み出すのでは?考えすぎでしょうか(笑)。
コーヒーを足にかけられ賠償30万ドルは過剰 NY最高裁
[ニューヨーク 16日 ロイター] スターバックスで従業員から誤って熱いコーヒーをかけられ、足に火傷を負ったニューヨークの女性弁護士が、同社に損害賠償を求めて起こした裁判で、いったんはスターバックスに30万ドル(約3480万円)の賠償を支払う評決が下された。しかし最高裁判所は賠償額を減額するよう命じる判決を下した。賠償金額は、来月に行われる調停裁判で決定される。訴えを起こしていたのはアリス・グリフィンさんで、今年の3月、原告の要求を認める評決が下された。しかしマンハッタン最高裁判所のエミリー・ジェーン・グッドマン裁判長は、評決を否定しなかったが、陪審が決定した賠償額は過剰であるとするスターバックスの主張を一部認めた。陪審はそれまでの苦痛に対する賠償に5万ドル(約580万円)、今後の苦痛に25万ドル(約2900万円)の賠償を決定した。裁判所記録によると、グリフィンさんは2004年2月、マンハッタンにあるスターバックスのサービスカウンターにいた。そこで、従業員が彼女の左足にコーヒーをかけてしまった。その結果、約5センチの第2度の火傷を負った。裁判で証言をした神経学者によると、グリフィンさんは足の末端神経に治癒不可能な損傷を負わされ、痛みと麻痺感が残るようになった。またそのため、以前履いていた靴が履けなくなり、趣味のバレエに支障をきたしたという。
posted by slowhand at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月17日

遠い昔

今日は、近い親戚の叔父の通夜でした。ご無沙汰というか、数十年振りにお会いする親戚も多数。顔を見ても、ピンとこない人がなんと多かった事か。子供の頃は近所で遊んでいた人びと。時間が早いのか、私の不精のせいか?しかし、皆さん大人です。そんな事をおくびにも出さず、おしゃべりをしていました。(笑)凄い!数十年は大した事ではないようです。しかし、逆に、忘れっぽくなっているという事では?と気が付きました。
posted by slowhand at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月16日

靖国を越えて!

隣国のニュースソースなので、正確かどうかは不明ですが、信じるとするならば、色々な事が創造できます。

第一印象:やはり隣国は靖国なんかどうでもよかったのですね。最近、どうも、靖国カードが使えないので、もう少しハードルを高くしたのか?

自分では、これ、当たって居るような気がします。本当に、靖国が、隣国の思いを象徴している事象ならば、又は、本当に将来を一緒に見つめて行こうと思うなら、こんな風には考えないでしょう。多分、靖国参拝を止めても、他の理由を見つけて来る事がはっきりしました。常に隣国は、日本を自分たちより低い位置に置きたいらしいです。

しかし、政府が?こんな馬鹿でしょうか?私が持った第一印象は、多分、誰でも考えそうな事です。エリートの揃った人々が、心に思っていても、こんな事を外に漏らすとは思えません。馬鹿にされるだけだと、恥ずかしくて、いえません。

でも、マスコミの操作としたら、本当に、隣国のマスコミは程度が低いです。程度が低い日本のマスコミでも吃驚でしょう。笑えます。
分祀でも靖国参拝容認せず 韓国政府が内部確認
韓国の聯合ニュースは16日、小泉純一郎首相ら日本の政治家の靖国神社参拝問題について、A級戦犯が分祀(ぶんし)されても参拝は容認できず、問題解決とはならないとの考えを韓国政府が内部で確認したと伝えた。韓国政府は15日の小泉首相の靖国参拝に対し「A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社」との表現で非難したが、今後は分祀問題よりも首相ら政治指導者の歴史認識の改善が最重要との方針で対応する姿勢を示したといえそうだ。韓国の青瓦台(大統領官邸)関係者は聯合ニュースに対し、靖国神社内の「軍事博物館」である遊就館が侵略戦争を美化する施設と指摘、分祀した後に政治家らが参拝しても容認できないと述べた。(共同)


【今日の写真】
昨日の試合、久しぶりの快勝でした。(嬉しい!)10−3です。
060815_2054~0001.jpg 060815_2055~0001.jpg 060815_2056~0001.jpg 060815_2100~0001.jpg
posted by slowhand at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月15日

Big names

【今日の絵】

The Clark Brothers Collect at Clark Art Institute

8a.jpg  7a.jpg  6a.jpg  5a.jpg  4a.jpg  3a.jpg  2a.jpg  1a.jpg

2006年08月14日

東京大停電

何年か前のNY大停電までは大騒ぎではありませんでしたが、暫く振りの東京大停電です。問題が多数発生しています。最初の原因は、やはりヒューマンエラーだったようですが、最近のプール事件でもあるように、日本人はリスク管理に関して非常に甘い処があります。そんな事ある訳ないだろうと考えていた事が起こるものです。日本人は、機械や工業製品に関しては壊れにくいものを懸命に作るのですが、それがシステムとなると、どうもお粗末なようです。壊れにくい機械、製品ばかりに囚われ、それに全責任があるかのような振る舞いです。しかし、実際には、物事はシステムで動いており、製品、機械、部品が優秀であっても、それがシステムとして有機的に結びついている以上、その結ばれているところも、管理しないとなりません。事故の多くは、ユーザーが運用している責任を何かや誰かに負わしたり、転換しているため、運用が明確に確立していない為問題が大きくなっているような気がします。そして、多くの事故は、ヒューマンエラーが原因です。詐欺的な事は当然あてはならない前提ですが、ユーザーは購買する以上、使用者責任(自己責任)というのを、もう一度考える必要があると思えますし、それに伴うリスクや脆弱性を真剣に考え防衛策講じる必要があるようです。何が起きても大事に至らないという考え方が大切なのでしょう。
posted by slowhand at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月13日

米下院食堂のフレンチ・メニュー

イラク戦争の件で一時険悪だった、フランスと米国。あまりにもフランスが米国のお願いを邪険に扱ったものですから、米国はちょっと怒り。その報復として、何をやったかというと、米下院の食堂にあったメニューの「フレンチ・フライ」を「フリーダム・フライ」、「フレンチ・トースト」を「フリーダム・フライ」に変更したというのは有名な話ですが、最近、どうも、仲直りしたようで、メニューを元の名称に戻したらしいです。駐米フランス大使館が言うには、「両国の関係は、ポテトよりもはるかに重要です。フレンチ・フライが議会の食堂にも、大統領のディナーにも復活し、我々の関係も正常に戻りました。」だと。(笑)ところで、大統領のメニューにもフレンチ・フライなんか出るのでしょうかね?私だったら、絶対選ばないでしょう。もう少しましなもの食べそうな気がしますが?大統領であっても、さすが、米国人。コーラとフレンチ・フライは離せません?
posted by slowhand at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月12日

パーティお膳立免許?

やはり、何か違うのでしょう。中国人と外国人のデートをお膳立てするのに必要な免許というのが、この国にはあるようです。(大笑)審査はどのようにするのでしょうか?試験とかあったりして。(笑)それとも、何か、怪しげな疑いがあったのでしょうか?疑えばきりがないですが、本当は、何か問題があったのに、米国人が関与しているので、政治的意思で事を荒立てなかったとか?または、単に、米国人が嫌いだった?(笑)しかし、どれににして、国家の都合で市民をコントロールする政治は恐怖が湧いてきます。共産国家を認める人は多いですが、こういう全体主義がの何が良いのか?知りたいところです。
上海で米国人と中国人の出会い系パーティに「待った」
[ロイター] 上海当局は11人の米国人と中国人女性をデートさせるパーティの中止を命じた。企画した出会い系サイトが中国人と外国人のデートをお膳立てするのに必要な免許を取得していなかったからだという。上海日報によると、中国のオンラインサイト「世紀佳縁」は、ワシントン州から上海に観光にやってくる男性11人とデートしたいと望む女性をネットで募集した。パーティは今月15日に行なわれる予定だった。男性は43〜67歳で、離婚経験者を含め全員、独身。職業はコンピュータ技術者、医師、弁護士、金融関係者だった。「世紀佳縁」によると、募集には230人の地元女性が応募し、25人を「家族背景、容姿、職業」などに基づいて選抜していた。20歳以下の若い女性は選ばなかったという。このイベントは、上海市民政局が同サイトに中止命令を出したためにキャンセルされた。
そんな事ですが、日本においても、段々、意識している人々が増えてきています。しかし、その割には中華料理よく食べます。(笑)私もそうですが。
中国「信頼できない」過去最悪の65%…読売調査
 読売新聞社の「中国に対する意識」についての全国世論調査(7月8、9日実施、面接方式)で、中国を「信頼できない」という人が計65%に上り、1988年以降、6回行った調査で最悪となった。現在の日中関係を「悪い」と見る人も計66%で、同じ質問をした10年前の96年調査に比べほぼ倍増した。小泉首相の靖国神社参拝に中国が強硬に反発していることなどが、国民意識にも表れたと見られる。中国を「信頼できない」は、2002年の前回調査から10ポイント増加した。「信頼できる」は計30%で8ポイント減。現在の日中関係については「良い」が計27%にとどまり、96年調査から29ポイントも減った。中国に対する印象でも、「悪い印象」を持つ人が計67%に達し、「良い印象」計27%を大幅に上回った。一方で、「今後、アジア地域に最も影響力を持つ国」を一つだけ選んでもらう質問では、「中国」が最多で57%。2位の「米国」(14%)を大きく上回った。「日本」は10%で3位。「今後、最も経済力を持つ国」(三つまで選択)でも、「中国」が70%で首位となり、経済面を中心に中国が今後ますます重要な国になる、との認識は広がっている。ただ、中国の経済発展が日本経済に与える影響では、「マイナスが大きい」(36%)が、「プラスが大きい」(28%)を上回った。「中国の発展がアジア地域に与える影響」(複数回答)では、「中国のエネルギー消費が増え、他国の資源確保が難しくなる」が41%で1位となり、「アジア全体の経済発展につながる」(34%)などの肯定的見方より多かった。「軍事的な脅威になると思う国」(複数回答)として、「中国」を挙げた人は44%で、「北朝鮮」(78%)に次いで2位だった。( 読売新聞)

posted by slowhand at 09:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月11日

航空テロ

米国系航空会社は怖くて乗れません。何を血迷ったか、普段しないにのに、今回、9月の旅行は米国系でチケットを手配してしまった。どうしよう?今回の件で、また、空港での手続きが面倒になるのでしょうか?死ぬよりましですが、困ったもんです。
英で航空機爆破計画阻止 最高レベルでテロ警戒
英政府は10日、英国から米国に向かう航空機を爆破するテロ計画を事前に阻止したと発表、国内のテロ警戒レベルを5段階のうち最高レベルに引き上げた。ロイター通信によると、米政府もテロ警戒レベルを上げる方針。英BBC放送によると、ロンドン警視庁は同テロ計画に関連し、この数カ月で18人の容疑者を逮捕。爆発物を手荷物として持ち込み、航空機を爆発させる計画があったもようだと伝えた。リード内相は、さらなるテロ発生の懸念があるとして、同放送で警戒強化の政府方針を説明した。英国内の空港は10日から警備を強化。航空機の客室内に手荷物を一切持ち込ませないなどの特別措置が取られるという。英BBC放送によると、ロンドンのヒースロー空港は10日、航空機の着陸を認めない措置を取った。同空港に向け、既に他空港を離陸した便は除くとしている。(共同)
やはり、米国の空港も警戒レベルを上げました。いつまで続くやら。不安。
英テロ未遂:米との民間航空路線のテロ警戒レベル最高に
AP通信によると、米国土安全保障省は10日、英国と米国を結ぶ民間航空路線のテロ警戒レベルを最高の「赤」に引き上げた。(ニューヨーク共同)
posted by slowhand at 06:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | Trip (Bay Area in Sep, 2006)

2006年08月10日

バッグを手放すのはイヤ!

うん?東京行き?もしかして、日本人の可能性も?そうだとしたら情けない。国辱だ!しかし、今時、こんな人が日本人にいるとは思えません。日本人だとしたら、英語が解らなくてバタバタした事を、この新聞が面白おかしく書いたのかも?でも、こんなので、飛行機の出発時間が遅れたら、その他乗客は怒り心頭でしょうね。
「高級バッグを手放すのはイヤ!」航空便でトラブル
[ロイター] キャセイパシフィックの航空便で、ある女性乗客がグッチのハンドバッグを前の座席の下か座席上の荷物入れに収めることを断固として拒否し、武装警官が彼女を飛行機から降ろす騒ぎになった。31日の『アップル・デイリー』によると、今月、高級ハンドバッグを床か頭上の荷物入れに収めてくださいという客室乗務員の指示に従わなかった乗客がいたため、香港発東京行の便が1時間ほど遅れたそうだ。キャセイパシフィックの広報担当者によれば、「私たちは当局の助けを求めなければなりませんでした」とのこと。バッグを持った女性がようやく飛行機を降りたとき、他の乗客からは拍手が起こったそうだ。この女性は後に謝罪し、彼女と、いっしょに飛行機を降りた4人の友人たちは、この後の東京行きの便に搭乗した。「こちらのフライトには何も問題ありませんでした」と、広報担当者は言った。
posted by slowhand at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月09日

Jerry

【今日の写真】

今日は命日

jerry.gif  jerry2.gif 
posted by slowhand at 23:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月08日

Love 1966

【今日の絵】
Robert Indiana, LOVE, 1966

love2.jpg

2006年08月07日

ハンブルグ蟹

中華料理好きの私としては、何ともコメントし難い。上海蟹の有り難味が薄れて行く事は良いことですが、これは容認しがたいですね。「中華料理店用に持ち込まれたものが逃げ出して繁殖した」との見方もありますが、商売しようとして養殖まがいのこと行って逃がしてしまったという方が当たっているような気がしますが。逆に、中国では取りすぎて、収穫量が減っていると利いた事がありますが、同なんでしょうか。そのうち、上海蟹ではなく、ハンブルグ蟹とかドレスデン蟹とか呼ばれるようになるんではないでしょうか?(笑)
上海ガニが欧州で大繁殖 生態系破壊へ警戒感
【北京】中国の秋の味覚、上海ガニがここ数年、欧州で急速に繁殖しており、生態系を破壊するとの警戒感が強まっている。中国紙「環球時報」によると、ドイツのエルベ川では、地元のウナギやスズキではなく、大量の上海ガニが網にかかるという状態。ハンブルク大学の生物研究者は「上海ガニは今後数年で西欧のあらゆる川で見られるようになる」として、このままでは欧州の淡水生物の大きな脅威になりうると指摘している。また、上海ガニの急激な繁殖で、淡水魚の漁獲量が以前の半分になったとの漁民の証言もある。中国有害生物防止ネットによれば、英国ではサケの産卵地域で繁殖が始まりつつあるが、上海ガニの影響で、英国やスコットランドのサケ漁に致命的な打撃を与える可能性があると警鐘が鳴らされている。上海ガニは長江流域に生息する淡水ガニ。今回の欧州繁殖は、欧州に向かう貨物船のバラスト水に混入していたとみられるほか、中華料理店用に持ち込まれたものが逃げ出して繁殖したとの見方もある。 (産経新聞)

posted by slowhand at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月06日

公認鍵?

9.11以降、アメリカ国内の空港を利用する場合、航空会社に預ける荷物に施錠してはいけないことになっています。チェックイン・バゲージをTSA(運輸保安局)がX線検査装置と人手によって検査するためです。もしも、普通の鍵が掛かっている場合は鍵を壊して荷物を開ける様です。スーツケースでも壊します。破壊による賠償は一切ありません。「預け入れた荷物を勝手に開けて検査する」ってことです。安全のためなので我慢はしていますが、嫌な気分にはなります。私の場合、殆ど鍵を掛けないのですが、やはり、TSA以外で中身の盗難はありえます。軽いので、ポリエステル生地製が好みなのですが、鍵は別に掛ける必要があります。また、鍵は無くしますので、(TSAで壊すより、自分で壊す事が多いです。笑)ダイヤル式のコンビネーション・ロックが好みです。しかしながら、外している事が多いので良く無くします。先の旅行でも、数個なくして在庫切れ。そんな事で、鍵を買うため、調べていたら、なんと、TSA公認ロックというものを発見。ダイヤル式の鍵で、ダイヤル番号は所有者が任意に設定できます。TSAは、スペシャルツールで鍵を壊すことなく開ける事ができ、検査後は鍵を掛けた状態に戻してくれるとの事。 このTSA公認ロックは、TSAが公認したメーカーのみに製造が許可しているようです。知らなかった!という事で、早速、在庫も入れて何個か購入いたしました。

しかし、こういうツールなんか、泥棒さん達も、すぐ作ってしまうような気がします。それに、アメリカメーカーだと、鍵メーカーの従業員が横流しなんて事もあるのでは?どうも鍵があっても同じような気がします。ヨーロッパでは、逆に危なそう?その上、考えて見れば、コンビネーションロックなんか柔で簡単に壊せそう?(笑)無駄な努力のような気がします。考えて見れば、預けるラゲージに取られそうなもの入っていません。(笑)残念。


posted by slowhand at 20:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | Trip (General & Domestic)

2006年08月05日

可笑しな英語

中国も頑張っているのですが、日本も他人事ではないような気がします。東京の街を歩いていると、結構、何じゃという物が溢れかえっています。あまり馴れ過ぎた事と、多すぎるので、気が付かなくなって来ているのも確かです。(笑)
北京市、オリンピックまでに「おかしな英語」根絶なるか!?
[北京 4日 ロイター] 北京市当局は2008年に開催される北京オリンピックまでに、「チャイングリッシュ(下手な中国風英語)」で書かれた標識を撤去したい、と発表した。中国における”英語翻訳がおかしいもの”は標識だけではない。中には思わず笑ってしまうような翻訳をされたケースが多く存在し、それらを専門に扱うウェブサイトまである。過去には「Park of Ethnic Minorities(少数民族公園)」と英語表記されるべきところを、全く別な意味になってしまう「Racist Park(人種差別公園)」と表記されていたため話題となったこともある。さらには「スリップ注意」の道路標識が「the slippery are very crafty(滑りやすいのはとってもずるい)」と意味不明なものもあった。北京市観光局はオリンピック開催中に訪れる観光客を受け入れるため、市内約4000のホテルに対してホテル名や宿泊料金、食事のメニューや注意書きに至るまで、全てを正確な英語に翻訳するよう通達した。また非政府組織も誤訳の調査を進めているが、公共標識については一定の表記ルールが決定したという。
公共施設や、大手企業でも、結構、変な英語を使います。日本人は日本語でよいのですから、やはり、通じる英語にした方が良いと思いますが、何故?NATIVE一人雇えば、問題は解決しそうなのですが、結構、広告屋や看板屋さんに任せきりにしている気がします。

電車の中:Priority seat?特等席か?偉い人用?別の切符がいるのか?
証券会社:Second Life?人間は生き返りますか?
漫才師 :High Tension?神経質?精神病?
蚤の市 :Free Market?自由市場?楽市・楽座か?
ホテル :W Bed?w字型ベッドか?

そして、極めつけは、これ。看板屋さんの仕業だと思います。チェックする奴は居ないのか?英語にする意味ないだろう!デザイン的に良いから英語使っているのでしょうか?(そうでも無さそうですけど。笑)
040315b.jpg
posted by slowhand at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月04日

夏料金

8月20日過ぎから、仕事で一週間くらい、西日本を回って来る予定を立てています。全て、航空便なのですが、何と定価!飛行機会社も稼ぎ時なんでしょうが、値引料金に慣れている私としては、非常に高いものに感じてしまいます。

ところで、日本の一流ホテルは需要と供給で土曜日、日曜日が異常に高いです。欧米だと、ビジネス客が減るので、逆に、ウイークエンド・レートと称して、安くなります。日本では、ビジネス客より一般客の方がホテルの使用率が高いという事なんでしょうが、何に使うのでしょう?変ですね。
posted by slowhand at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip (General & Domestic)

2006年08月03日

政争の具?

国民の一人としては、靖国問題で首相候補を決めて欲しいとは思いませんが、今の状況からすると、非安部勢力は、それを政争のメインに上げてきています。実際には、消費税、国民負担率、教育、憲法、北朝鮮、経済、規制緩和等議論すべき事は沢山あるのに、靖国と言うキーワードが一番解りやすいという事なのでしょうか?しかし、情けない、その他は議論しないつもりなんでしょうか?マスコミもこればかりだし。多分、政治家、マスコミは国民を馬鹿にしているのでは?「難しいこと言っても、どうせ解らないし」なんて(笑)。少し、国民として、こういう連中を脅したいのですが、何か良い案ないでしょうか?
安倍氏、4月に靖国参拝 例年通り「心静かに祈り」
安倍晋三官房長官が今年4月にすでに靖国神社を参拝していたことが3日、分かった。複数の関係者が明らかにした。9月に自民党総裁選を控えていることもあり、安倍氏は「戦没者の慰霊や祈りを外交や政争の具にしてはならない」として公言しなかったが、「ポスト小泉」の最有力候補であるだけに、靖国参拝の是非を争点化する動きが加速しそうだ。安倍氏の参拝は小泉純一郎首相の参拝を後押しする“効果”もあるとみられ、「終戦の日」の8月15日に、首相として最後の参拝に踏み切る公算が大きくなった。首相−官房長官の参拝となれば、中国などの執拗(しつよう)な干渉に「政府の姿勢」を示すことになる。関係者によると、安倍氏は4月15日早朝、警護官ら数人と靖国神社を訪れ、モーニング姿で昇殿を参拝。この後、東京・新宿御苑で開かれた恒例の「桜を見る会」に出席した。安倍氏はもともと、4月21〜23日の春季例大祭に参拝することを検討していた。しかし、式典の混乱などが予想されるうえ、衆院千葉7区補選の投開票日(23日)と重なったことなどから断念した。15日の参拝当日は薄曇りで肌寒く、参拝客はまばらで混乱は一切なかった。参拝後、安倍氏は周囲に「落ち着いた環境で、戦没者のご冥福を心静かに祈ることができて本当によかった」と語ったという。安倍氏は平成5年に衆院議員に初当選して以来、毎年欠かさず靖国神社を参拝している。自民党幹事長当時も「一国のリーダーが、国のために殉じた方々に尊崇の念をもって祈るのは当然だ」と繰り返し、首相の靖国参拝を支持。昨年10月末、官房長官就任直後の記者会見でも「私は今まで国民の一人として、政治家として靖国神社を参拝してきた。この気持ちをずっと持ち続けていきたい」と述べた。安倍氏は、中国や韓国の反発を受け首相の参拝を対中外交などと結びつけて批判したり、A級戦犯の分(ぶん)祀(し)を求める自民党内の動きについて「戦没者を慰霊し、手を合わせ祈るということを政争の具にすべきではない」と周囲に語るなど強い不快感を示してきた。こうした考えから、安倍氏は総裁選で、首相に就任した場合に参拝するかどうかについては、公約に盛り込まない方針だ。しかし、安倍氏の靖国参拝が明らかになったことが、世論調査で圧倒的な優位に立つ安倍氏の追い込みを模索する非安倍勢力の結束を、促すことにつながる可能性もある。(産経新聞)

確かに、靖国問題で、重要な事が置き去りにされてしまうかもしれません?しかし、だからと言って、宗教、個人の自由、内政干渉的な問題で引いてしまう事が正しいのでしょうか?引いてしまうと、将来に悔訓を残す心配もあります。判断が難しい!
官房長官、日中首脳会談再開を呼びかけ
安倍晋三官房長官は3日午前、東京・丸の内で開かれたシンポジウム「東京・北京フォーラム」で、日中関係について「政治問題を経済関係に影響させてはならない。個別の問題を日中関係全体の発展に影響させないように、直接対話でお互いを正しく認識し、両国の協力について建設的に議論することが必要だ」と述べた。靖国神社参拝について直接の言及を避けながら、小泉純一郎首相の靖国参拝を理由に途絶えている、日中首脳会談の再開を呼びかけた発言とみられる。また、「中国の関係者が頻繁に口にする『日本の軍国主義復活』などは、ほとんどすべての日本人の想像の域を越えるありえないことだ」と指摘し、「中国がわが国の姿を正しく認識して、初めて建設的な議論がスタートする」とも語った。シンポジウムでは王毅駐日大使も出席し、「歴史を正しく認識することが、未来の安定した日中関係の原動力になる。現状の問題をどう改善するかは日本の判断だ」と述べ、安倍氏と同じく「靖国」という言葉を避けながらも、暗に参拝の自制を求めた。(産経新聞)
政府、16カ国による「経済連携協定」提唱へ
政府は2日、中国、韓国、オーストラリア、インドや東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の計16カ国による「経済連携協定」(EPA)の締結を、対象国に提唱していく方針を決めた。EPAは関税や投資規制を撤廃する自由貿易協定(FTA)や知的財産権の保護など、広範な経済活動における共通のルールを設定する協定。安倍晋三官房長官は記者会見で「経済連携を検討していくことは有意義であり、さまざまなアイデアを議論していく段階だ」と述べ、日本がEPA締結に主導的な役割を果たす考えを強調した。(産経新聞)

posted by slowhand at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月02日

イギリスらしさ?

傍から見るのと、本人達が考えている事は随分違うような気がします(笑)。でも、これが本当なんでしょう。
フィッシュ&チップスが国宝リスト入り イギリス
[ロンドン 1日 ロイター] フィッシュ&チップス、シャーロック・ホームズ、そしてモンティ・パイソンが、クリケット、パブ、赤い二階建てバスに並んでイングランドの「国家の宝」リストに仲間入りした。これは政府の支援を受けた、イングランドの本質を捉える事物を選出するプロジェクトで、35万人以上の人々が意見を寄せた。他にも、オックスフォード英語大辞典、ロビンフッド、ミニ、BBCラジオ4の長寿ホームドラマ『アーチャーズ』が新しくリストに加えられた。「イングランドを象徴する物を選ぶのは、国の創造性を刺激することになります」と、プロジェクト責任者のジェリー・ドイルは言った。1月に第一回の発表があった。 その際はストーンヘンジ、FAカップ、一杯の紅茶などが挙げられた。ウェブサイト(www.icons.org.uk)には、一般から600件以上の提案が寄せられた。委員会はそのなかから50件以上を選出し、画像や動画付きでその歴史を解説している。
選ばれなかったのですが、ノミネートされた物の中には、面白いものも数々あります。The BeatlesのSergeant Pepper's Lonely Hearts Club Bandもノミネートされていました。これには、なんとなく納得。
sg2.jpg




そんな訳で、日本の本質を捉える事物は?

寿司



豆腐
蕎麦
うどん

本当に想像力のない私でした。食い物ばかりです。(笑)あと何が?
posted by slowhand at 22:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | 独り言

2006年08月01日

消費税不協和音

政府内でも不協和音です。しかし、消費税上げるぞと言いながら自民党の総裁選に出馬するなんて、昔だったら考えられません。長期的議論の成果でしょうか?(笑)基本的に総務相の考え方の方が好きなんですが、それだけで、済むのか?が難しい処です。消費税賛成というより、直間比率見直しや国民負担の総合化を前提での消費税上げに関しては賛成なのですが、現状は、国民の気分を探っているような議論となっています。根本的な考え方ではないような感じです。現状の消費税上げ推進派は「このくらいなら我慢してくれるかな?」のような議論になっていませんか?
経済運営下手なら大増税=谷垣氏をけん制−竹中総務相
竹中平蔵総務相は1日の閣議後記者会見で、自民党総裁選に出馬表明した谷垣禎一財務相が消費税率を最低10%に引き上げる必要があると明言していることについて「経済運営が下手くそであれば、消費税を大幅に引き上げなければならない可能性がある」と述べ、谷垣氏を強くけん制した。
 総務相は「経済がうまく運営されれば税の自然増収があり、適切な歳出抑制の中で消費税の大幅な引き上げはまったく必要ない」と指摘。政府・日銀がしっかり経済運営し、国民の税負担増を極力回避するよう努めるべきだとの持論を改めて強調した。(時事)
posted by slowhand at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
スパム・コメント/TB対策のため、コメントは確認後に表示できるようになっています。表示されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。また、トラックバックは受け付けていません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。